スポンサードリンク

北海道 定山渓 温泉



定山渓温泉は、札幌の奥座敷とも呼ばれる自然豊か温泉地です。札幌国際スキー場などにスキーに訪れる人にとっては、最大の楽しみの一つでもあります。この定山渓温泉の由来は、美泉常山が1866年に温泉を見つけ定住したことによるといわれています。八剣山の麓、定山渓温泉の周りには、豊平峡ダムや定山渓ダム、渓谷、渓流があり、まさに大自然の中の温泉といえます。56本もある泉源は、80度を越えすべてが自然湧出泉です。

最近では色々なイベントが開催され、日本人だけでなく海外からの観光客などたくさんの人で賑わっています。4月中旬の「渓流こいのぼり」では、渓流の上を色とりどりのこいのぼりが泳ぐ姿を見ることができます。7月からは、新千歳空港から定山渓温泉までの間をピストン運転するラッピングバスが運行されます。夏の定山渓温泉へのアクセスは、このバスによりとても便利になります。

2008年の7月20日には、定山渓北海道森林スポーツフェスタが開催されました。子供からお年寄りまでが参加し、森林マラソンや森林ウォーク、マウンテンバイクツーリングなど森林の中でさまざまなスポーツを楽しみました。秋になると、定山渓では神社のお祭りや定山渓温泉もみじ大茶会が催されます。定山渓全体が紅葉に覆われ、二見吊り橋からいこい橋付近にかけては特に美しさが際立ちます。大自然の中のひっそりとした温泉街は、イベントごとに賑わってきました。

定山渓温泉の日帰り温泉は、大人が500円から1500円程度で各温泉宿で利用できるようになっています。豊平川の両岸に林立する規模の大きなホテルから小さな温泉宿まで、定山渓温泉にはどの宿屋にも露天風呂があります。石畳が敷かれた月見橋周辺は、そばを湯の滝が流れ温泉街の風情を醸し出しています。北海道を訪れた際には、ぜひ定山渓温泉に立ち寄り、自然あふれる露天風呂を楽しみたいものです。




posted by 添乗員 at 18:40 | 北海道 温泉
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。